熟考~介護職員の待遇改善…

 27, 2007 12:46
介護職員の待遇改善で新指針=適切な給与水準を要請-厚労省


やっと動き出したのかな?

でも、十分ではないよね。

改正改正で地の底まで落ちてる人もいるんだよ。

いつも思ってた事だけど。

介護士の労働条件を上げる。

現場を優遇して、非介護者や介護士が報われるシステムを確立して欲しい。

介護は綺麗事で片付けられるほど甘いものではない。

そこんとこわかっているんかな…。

年収が少なくても暮らしていかなければならない人たちの現実を直視して欲しい。

そう思うことはいけないことなのだろうか?

介護費用にいくらかけてると思う?

1ケ月に20万・・・30万・・・それ以上も払ってる人がいるんだよ。


医療法の改正は老人に自立してくれとかっこいい事いっているけど、それが出来ない重篤な病気の人達はどうすればいいのかと?

療養型病院を減らそうとしているし。

障害者自立支援法や介護保険改正の為に、高齢者は…障害者は…泣かないといけなくなる。


今、生きていくつらさを身にしみている。

一人ぼっちでは何も出来ない・・・。


介護疲れで身内を殺してしまった人の記事でした。ある朝の番組で女性コメンテーターが言ってた事。

「介護保険を利用すればいいのに」「親戚や役所とかに相談すればいいのに」

介護保険を利用したからって楽にはなりません。

親戚や役所に相談しても解決できません。

だから、行く着く先が、地の底になるの。


現実に、私でも、時々「新聞沙汰」になりそうになる。。。



介護保険、障害者、医療法・・・まだまだ見直すべきではないでしょうか?

優秀な人材を逃し、被介護者・障害者・高齢者・介護者・職員の負担を重くしないように・・・。





ちょっと言葉足らずですが、常々思ってたことを書いてしまいました。

また、同じような事を書くでしょう。

現実、「新聞沙汰」になる事が巷にはあふれてます。

『こういう事もあるんだ』という事も知ってもらう為に、「新聞沙汰」も記事にしようかと思います。

辛すぎて、読めないと思う方はスルーされても良いです。
ただ・・・知ってください。




声が出ない~・・・。

病院に行きたいよぉ・・・ぐすんっ。

父のばかー!!!!
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 1

パソコン心電計  2007, 08. 23 [Thu] 09:00

IT用いた栄養指導システムを事業化 


;関西医科大健康科学センター 特定健診・特定保健指導への導入も視野に 
ITの進展に伴い、携帯電話やインターネットなどを用いて栄養指導を行う試みが増えている。
2000年からITを用いた栄養指導システムの開発を進めてきた関西医科大健康科学センター
(大阪府枚方市)は今年4月、携帯電話とホームページをリンクさせた在宅での栄養指導システム
の事業化に踏み切った。今後は、08年度から始まる特定健診・特定保健指導への導入を視野
に入れ、在宅での自己管理支援システムの一環としてさらにシステムの充実を図っていく方針だ。
詳細は下記ご参照下さい http://www.japan-medicine.com/news/news1.html

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?