乳腺腫瘍

 04, 2008 08:59
猫の乳がん(乳腺腫瘍)
記事掲載日:2007年8月8日

猫の乳がんとは、乳腺(乳汁を分泌する腺)にできた悪性の腫瘍のことをいいます。乳腺腫瘍は猫がかかる腫瘍のなかで3番目に多く、さらに悪いことに、その8割以上は悪性腫瘍となります。また、猫の場合はがん細胞が小さいうちからでも転移しやすく、治りにくい病気です。

主な症状
しこり・はれができる

猫の乳がんの症状とは?
乳がんは、普通は胸やお腹に小さなしこりやはれのようなものが感じられますが、乳腺が張っているだけでかたくならないこともあります。ひどくなれば、薄い表皮が破れて腫瘍が外に現れたり、貧血になったりします。また、猫の乳がんは肺などの内臓やリンパ節に転移しやすいために、呼吸が荒く、息苦しそうであれば転移している可能性があります。

猫の乳がんの原因
乳がんの原因ははっきりとはわかっていません。しかし、乳腺腫瘍が発見される雌猫は、10歳前後が最も多いことから、老化や免疫力の低下などによって発症する確率が高くなることは確かです。また、若い時期に避妊手術をした猫は乳がんの発症が少ないことから、女性ホルモンの影響もあると考えられています。

猫の乳がんの治療方法
乳がんの治療は、主に腫瘍部分やすべての乳腺を手術によって取り除きます。その他にも放射線や抗がん剤などの治療方法がいくつかあり、腫瘍の種類や転移の状況などによって、適切な手段を組み合わせて行います。早期に治療を行えば再発しにくく、長生きできる可能性がありますが、乳がんが肺やリンパ節に転移していると、手術を行っても数ヵ月しか生きられないこともあります。

猫の乳がんを予防するには?
乳がんは、1~2歳の早いうちに避妊手術を受けることである程度予防することはできますが、避妊手術を行っていても発症しないわけではありません。日頃からスキンシップを兼ねて猫のお腹を触って、小さなしこりやはれがないかチェックすることが、早期発見につながります。


猫にしこりを見つけたら、すぐに動物病院で詳しく見てもらい、今後の治療方法について相談するようにしましょう





つまり、完治しないということです。
手術しても、苦しめるだけかもしれません。(全身麻酔するそうです)
薬の副作用も怖いです。
「てんかん」という持病もちだし。
大学病院でも「手術しない」という見解の可能性大です。(わたしが決め付けてはいけないけど;)
猫年齢16歳=人間でいうと90歳超えてますし。(100歳に近い)

今は、要求が多くて「にゃんにゃん」鳴いて、一見すると元気に見えます。
ご飯もチョコチョコといつもどおりにたべてるし。
ただ、京ちゃんは、時々くしゃみのような症状が出てます。
それって、肺に転移している可能性が大きいかなと。



080304_0730~0001


今日は、しこりの所に「汁(侵出液?)」のようなものが出てました。
京ちゃんにもガーゼで保護しちゃいました。(頻繁に変えてあげなきゃいけないです)

母も、お尻の褥創でガーゼ保護してるから;




問題①
薬を中々飲んでくれない、飲ませるのがヘタで;;
練り物(塩分無しのバターとか)に混ぜて飲ませるとよだれをたらしたり、
水に溶かして注射で飲ませると、飲んだ後に吐いたりと(汗;)
京ちゃんと攻防を繰り返してます(汗;;;)




やっぱり、父は何もしなくなりましたo(*>ェ<)oウキー!!
口だけ…。
しかも間違った事ばかり言う。
京ちゃんの病気発覚後、自分のほうが体調悪いとアピールするし。
「ガキか。てめぇは!」と…。

「腫瘍」とは認めずにいる。「傷が化膿した」と思ってる。
手術したら完治すると思ってる。
…思いたい気持ちはわかるけど(わたしも完治すると思いたいし。。。)
それとも、解ってて、自分にいいきかせてるのかな?
京ちゃんがいなくなったら『ペットロス』になりそうな父です。




デジタルカメラの事ですが、3月(今月)中旬に各社から新製品が出るらしいので、発売された後、検討しようかと。
たくさん撮ってあげたい☆彡





関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 1

優  2008, 03. 06 [Thu] 13:05

京ちゃんの年齢になると、手術そのものが身体への負担大きいですよね。。
京ちゃんママである笙さんが、一番いい方法を選んであげて下さいね。
デジカメ買ったら、たくさんの京ちゃんに癒されたいですね(^-^)

神様
笙さんが自分の身体のことも少しは労われますようにお願いします★

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?