高額介護サービス費について

 19, 2008 12:00
高額介護サービス費
○1ヶ月の利用者負担が世帯合計で一定の上限額を超えた場合、申請により超えた額が払い戻されます。なお、世帯で複数のサービス利用者がいる場合は、上限額の適用が異なります。

★対象者・・・市民税世帯非課税で老齢福祉年金受給者、生活保護受給者
利用者負担上限額・・・15,000円
★対象者・・・市民税世帯非課税で課税年金収入額と合計所得金額の合計額が年80万円以下の人、市民税世帯非課税で上記以外の人
利用者負担上限額・・・ 24,600円
★対象者・・・上記以外の人
利用者負担上限額・・・ 37,200円
※福祉用具購入費・住宅改修費は、対象外です。
※介護保険施設等の居住費(滞在費)・食費の利用者負担額は対象外です。
※上限額を超えた金額を一時的に立て替える貸付制度もあります。

居住費(滞在費)・食費の負担を軽くする制度
○市民税世帯非課税で介護保険施設・ショートステイを利用している人の居住費(滞在費)・食費は、申請により下記の額に軽減されます。

★利用者負担段階・・・第1段階
★対象者・・・市民税世帯非課税で老齢福祉年金受給者、生活保護受給者
 負担限度額(1ヶ月あたり)
 居住費・・・0円~約25,000円
 食費・・・・・約10,000円
★利用者負担段階・・・第2段階
★対象者・・市民税世帯非課税で課税年金収入額と合計所得金額の合計額が年80万円以下の人
 負担限度額(1ヶ月あたり)
 居住費・・・約10,000円~約25,000円
 食費・・・・・約12,000円
★利用者負担段階・・・第3段階
★対象者・・市民税世帯非課税で上記外の人
 負担限度額(1ヶ月あたり)
 居住費・・・約10,000円~約50,000円
 食費・・・・・約20,000円
※居住費(滞在費)の負担限度額は、居室の種類〔多床室(相部屋)~ユニット型個室〕によって異なります。

社会福祉法人による介護サービス利用者負担額軽減
○社会福祉法人が行う介護サービスの利用者負担を申請により軽減します。

★対象者・・・老齢福祉年金受給者で一定の要件を満たす人
利用者負担上限額・・・2分の1
★対象者・・・収入が年150万円以下の人などで一定の要件を満たす人
利用者負担上限額・・・4分の1
※対象となるサービス
○訪問介護サービス(ホームヘルプサービス)
○通所介護(デイサービス)
○短期入所生活介護(ショートステイ)
○介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) など
※対象となる社会福祉法人
○市にこの制度の実施を登録している法人

課税世帯に対する特例減額措置
○高齢夫婦等の市民税課税世帯で、一方が施設に入った場合に在宅で生活する配偶者の収入が一定額以下となる場合などには、居住費・食費を引き下げる制度があります。(一定の要件を満たす必要があります。)

その他の利用者負担を軽くする制度
○災害など特別な理由で、利用者負担の支払いが困難な場合、利用料を減免する制度があります。決められた保険料や、利用料を支払うと、生活保護を受けなければ生活が困難になる場合、負担を軽くする制度があります。

※詳しくは、住所地の区役所(介護保険係)へお問い合わせください。




調べて出て来た事です。
今まで知らなかったという、なさけない話です。
そして、いまいちよくわからない・・・(--;)

ただ、わたしの母の場合ですが、父の収入が大きいので、あらゆる軽減措置はあてはまりません。

母は、要介護4で、在宅サービス利用限度一割負担額が30,600円/月であるのみ。
それ以上に、それぞれの利用所では自己負担額がかかる。

例えば・・・今年5月利用金額
介護費
○ショートステイ利用/月10回・・・50,338円
○同所デイサービス利用/月3回・・・5,278円
○他所デイサービス利用/月5回・・・7,331円
○訪問介護(ヘルパー)利用/月3回・・・2,716円
○訪問看護利用/月4回・・・3,360円
○リース代(車椅子・クッション・マットレス・スロープ等)・・・2,550円
小計・・・68,213円

医療費
○オムツ代・・・25,400円
○病院代(2ヵ所)・・・10,110円+1,320円=11,430円
○訪問マッサージ代(月/5回)・・・5,880円
小計・・・42,710円

全合計114,283円

これを現金または引き落としで払ってます。

父の収入が多いので、介護サービス費用が高額になっても、払い戻しは受けられません。
しかも、医療費も3割負担。

母だけの収入ならば、上記の払い戻しは利用できるし、医療費も1割~2割でもっと安くなる。

今、どこか削ろうかな・・・と考えてます。
あまりにも負担額が多くてお金が無くなるし、介護サービスを受ければ受けるほど、お金がかかる。
一割負担とはいえ、【塵も積もれば山となる】状態です。
貯金とか知識とかならね~【塵も積もれば山となる】と言うと、励みになるんだけど^^;

でも、母にとって、あっちこっちと行くことや色々な人に会って介護してもらったらり、話をすることが良い刺激となっているのも事実。
介護の質を落としたくない、けれども、お金がかかりすぎる。
どうしようもないジレンマに陥ってます・・・。




kkさんへ

一ヶ月程かかりましたがコメントレス変わりに記事にさせていただきました。
あまりにも遅くなりましたので、ご訪問してくださってないかもしれませんが・・・(汗;)

まずは、自分たち(ご両親)の住む市町村のサービス内容を(金額の軽減措置を含め)徹底的に調べましょう。
サービス内容(どういう意味か等)がわからなければ、市町村の介護福祉課等に電話で尋ねましょう。
そして、すべて書き出して、このサービスは自分たちに当てはまるのか、ケアマネ等に相談しましょう。
ケアマネにすべてお任せしますという状態はお勧めしません。

おっしゃるとおりに、ケアマネさんにもよりますが、型に嵌ったやり方しか出来ない人や経験不足・勉強不足で何も知らない人、やりたがらない人、やらない人など色々います。

※つい最近のことですが、「担当者会議(カンファレンス)をしましょう」と新しいケアマネさんに言ったら、「要介護変更した時とか著しいサービスの変更以外は・・・」と型に嵌った言い方をしたので、「新しいケアマネさんであるあなたのお顔を知らない人もいますし、訪問看護と訪問介護担当者以外はすべて担当者がかわってるんです。横の繋がりを蜜にするためにも、サービス内容の確認のためにも時間的に難しいと思いますがお願いします」と頼み込みましたよ。
横の連携がバラバラだと母にも良くないと感じましたし、施設などで実際に介護する人達の混乱を招くし、みなさん一同に会すると色々と情報交換できて良いのではないかとも思いましたし。

だいたい、母を担当して一ヶ月しか経ってないケアマネに「要介護変更した時とか著しいサービスの変更以外は・・・」とか言われたくないって思いました。言われた瞬間にカチンときました…(苦笑;)
利用者さん(母)の状態を【歴代のケアマネが書いた紙の上】で判断するなと思いましたね。(顔にはだしませんでしたが・・・;)

今まで(2年間で)5人もケアマネさんが変わりましたが、「○○のようだから△△をやりましょう」とか「××になったら□□をしましょう」とかケアマネから何かを提案することってあまりなかったですよ。

ケアマネに任せっぱなしは大変危険です。
利用者家族の要望を聞いて判断等はしてくれますが、色々と話をしているとき、ケアマネが「こういうこともできるんですね~」なんてのんきな事を言う人も多いです。

認知症の利用者さんは、自分では要望を伝えることはできません。
その代わり、利用者家族である私たちが、色々と調べて、調べた結果を突きつけて、要望をガンガン言いましょう。利用できるものはすべて利用できるように。
私たちは、介護サービスを利用する親達のために、ケアマネさん達に教わるばかりではなく、ケアマネさん達に育っていただかないといけないと思うんです。。。

わたし自身、実際に送迎に来てくださる人やショート先の介護士さんなど担当する全ての人に色々と聞いたり、提案したりとガンガン言ってます。
たまーに、言い過ぎてるんでは・・・と自分で心配・・・(笑)
「言い過ぎてごめんなさい」と謝ると、みなさん一様に、「言ってくださらないと解らないので、要望があればどんどん言ってください」と言われますが・・・(^_^;)



わたしの教訓として。
ケアマネは・・・利用者家族が言わないと動きません。
施設等で実際に介護してくれる方々にも色々と言いましょう。(臨機応変に動いてくれよと!)
特に、新人さんは岩のように動きません。
費用の事も、自分で調べて聞くべし。
自分自身は、様子を見ながら臨機応変に動くべし。



わたしからこうして記事にしなくても、みなさんは自ら動いているでしょう。
わたし自身、色々な方々のブログ等で勉強させていただいてますし。

ですが、今回もわたしの備忘録として書きました。。。




そして今わたしは、先月から変更になった、ケアマネとリース会社の担当者と在宅ヘルパーおまけにショート先と同所のデイサービスの担当者を育ててる最中です…状況判断を養ってくれるように&臨機応変に動いてくれよと願いながら・・・(~_~;)

そうそう…以前、ショートステイ先の担当者も変わったのですが、とても良く動くというか介護に熱心な方で良かお人です。すぐに母に慣れましたし、母に対しての声掛けが多いですし、ちょっとでも良い変化が起きたらすごく喜んでくれる人です(^^)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 1

kk  2008, 06. 20 [Fri] 16:58

ありがとうございました

ご説明、ありがとうございましたm(__)m
あまりの高額な介護費用に驚きました。
世帯の最高額でも3万7200円という高額サービス費ですが、純粋な介護費用のみで、食費や居住費は除かれるのですね。

実は私は介護者ではありません。遠く離れたところに住む要介護1(実母71歳)の娘です。今のところ介護者は77歳の父。タクシーで1000円程度の市内に住む弟夫婦が週末などよく面倒を看てくれています。
ところで、弟夫婦は子供のいない共働き夫婦。
私は単純に高額サービス費を使って、ヘルパーさんに入ってもらい、父に何かあった時にでも弟夫婦が仕事を続けられるように、と思っていました(介護で離職させるのは可哀想)そんなことが可能かどうかは分かりません。

ケアマネさんにもよるのですね。今のケアマネさんは母が要介護1父が要支援1なので、違うケアマネさんがついています。父のケアマネさんの方が問いかけには明快は返事をしてくれます。もっと先々が心配な要介護1の母(認知症)のケアマネさんは良い人らしいのですが、私は少し勉強不足ではないかと懸念する時もあります。

でも、結局は私は近くにいるわけでも介護者でもなく、今のところネットで調べたりするだけしかできません。
後は、父と弟夫婦に頼っています。

要介護の親を持つと、介護者であるか否に関わらず、本当に心配かつ不安ですよね。
笙様もご自愛ください。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?