介護帰省割引:航空4社が導入 利用者、9万5000人に

 08, 2008 12:00
介護帰省割引:航空4社が導入 利用者、9万5000人に

子と離れ地方で暮らす高齢者が増える中、国内線の航空6社のうち、日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)など4社が導入している介護帰省割引の利用者が計約9万5000人に上っている。遠距離介護は経済的負担が大きいが、JR各社に導入の動きはなく、利用者からは「新幹線にも割引制度を導入してほしい」との声が上がっている。

介護割引は00年の航空法改正で国内運賃が自由化されたのを機に、順次導入された。運賃は通常より3~4割安い。対象者や手続きは社ごとに異なるが、JALの場合は要介護・要支援と認定された人を介護する2親等以内の親族らが対象。介護保険証などに搭乗者の顔写真を添え申請すると、1年間有効のパスが無料で即日発行される。

 各社によると、7月現在のパス保有者数はJAL8万人▽ANA1万1200人▽スカイネットアジア航空(SNA、宮崎市)1800人▽スターフライヤー(北九州市)1700人=期限切れも含む。まだ導入していない北海道国際航空(エア・ドゥ、札幌市)も「今後検討する可能性はある」(総務部)と話す。

 ◇JR「予定なし」
 近くに空港がなく新幹線を利用する人も多いが、JR東日本広報部は「今後も導入する予定はない」、JR東海広報部も「他の割引きっぷなどを利用してほしい」という。

 遠距離介護の課題については厚生労働相が年内策定を目指す「安心と希望の介護ビジョン」有識者会議でも取り上げられている。委員でNPO法人「パオッコ」の太田差惠子理事長は「介護割引のニーズは非常に高い。親と別居する人は増えており、遠距離介護による諸負担を誰がどう担うのか、議論を深める時期に来ている」と話す。

参照:毎日新聞




在宅介護暦が長い私にとっては

飛行機代とか新幹線代とか

よくわからない。

ただ一つわかるのは


通いで介護する方が

在宅で介護をするより

かなり楽

ということだけ。


毎日通いで1~2時間か介護して

一生懸命介護しましたーって

言ってる人(例の叔母や従妹の事)がいるんだけど


在宅で何年間も

24時間ずーっと

介護してきても

回りの身内は

それを当然と言ってる。

全く介護してないとも言われた。





新聞沙汰にならないともかぎらない

ギリギリの状態なんだけどね。。。


2人の介護をするって

すごく
すごく

大変だったんだけど

身内は

理解しないのよね。

介護をするって

身内が理解者にならないと

いけないと思うけど


現実には

身内に

理解者なんていないのよ。
10月にhan決が出るそうです。

旗色が悪いけど…

悪い結果になったら

父は刑ziに切り替えるらしい。


父…刑ziは無理だから、jyou告しようよ。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?