後期高齢者医療「見直し」…麻生氏、政権合意に盛り込みへ

 23, 2008 12:00
後期高齢者医療「見直し」…麻生氏、政権合意に盛り込みへ

自民党総裁選で選出が確実な麻生太郎幹事長は21日、総裁選後に公明党と交わす連立政権合意に、75歳以上を対象とした後期高齢者医療制度(長寿医療制度)の見直しを盛り込む意向を固めた。

 公明党も基本的に受け入れる方向だ。

 これに関連し、麻生氏は21日、NHKや民放のテレビ番組で、同制度について「抜本的に見直すことが必要だ。国民に納得してもらえないという話だったら、さっさと(見直す)」と語った。見直しの柱として、〈1〉加入者を年齢で区分しない〈2〉年金からの保険料の天引きを強制しない〈3〉世代間の対立を助長しない――の3点を挙げた。麻生氏は、次期衆院選の政権公約(マニフェスト)にも、同制度の見直しを盛り込む意向だ。

 同制度を巡っては、4月の導入直後から、「75歳以上の高齢者を切り捨てるつもりか」などの批判が出ていた。

参照:読売新聞




舛添さんも同じように
「さっさと見直さなきゃ…」
と言ってた。

…遅いッ(▼へ▼メ)


でも…
順調にいくかな??
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?