お久しぶりです。

 29, 2010 00:16
3週間前、母は経鼻をつけたまま療養病床のある病院に転院しました。

時々、微熱がでていましたが頻脈発作はほとんどおこさず穏やかに過ごしていました。

父へ胃ろうへの説得を主治医にお任せしていたのですが、父は全く新しい病院へ行こうとしない。

今日の午後1時過ぎ、病院から電話があり、母が熱発したとのこと。しかも40度近い熱が出た…と。

CT→左肺下に影→肺炎の疑い。
血液検査→CRP15000以上、菌が出る→敗血症の疑い
尿検査→菌が出る。

父は、今日まで一度も新しい病院へ行くことがなかった。

しかし、ここまで病状が悪化したからには…と言うことで看護士が父に病院に来るように呼びつけ、やっと新しい病院に行った。

勿論、わたしも行ったが。

そして、上記、検査結果…。

父に初めて言ったのだが、新しい病院には人工呼吸器等延命処置が不可能な病院だと。
いざという時はここでは手の施しようがないと。

あなたが主治医との面談を避けていた結果がこれだよ!←流石にこれは言わなかったが…


どうする?
出来る限りの手当をしたいのなら、以前いた急性期病院に転院したほうが…と言うと。
即決で急性期病院に転院決定………


しかし、何故、私が療養病床病院の先生に言わなきゃいけないのだ?

また、責任を押し付けて丸投げしやがって!(怒)






と、いうわけで、以前、入院していた急性期病院に出戻りしました。


抗生物質が効かないと危ないです。
所謂、予断を許さない状況です。

病院から帰る前も熱は38度台。
レートも120台
酸素2リットル投与でサチュレーションは95~97。

朝から食事無し。
点滴のみ。


凄く濁った尿がでているので水分補給をたくさんしてほしい……



今日も枕元に電話を置いて就寝します。


完全看護やから夜の付き添いは出来ない…よっぽどではないかぎり。

予断を許さないとはいえ、今のところは一般病棟に入院しているので。



回復したら、また別の病院探さなきゃ…
あちら(転院した療養病床病院)には戻れないのだから。




母!頑張れ!!
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?