輸血

 20, 2010 14:59

ものすごくご無沙汰してます。


慢性期病院から転院して、もうすぐ3ヶ月…いまだに、毎日、お昼から夜まで病院に通い、母の看病をしております。


そして、また、輸血が開始されました。

今度は、経鼻管から出血です。

詳しい検査をしておりませんが、大腸の奥の方に潰瘍又は腫瘍があり、出血しているのではないか…との事。


やっとラコールを朝晩、一パックずつやって一週間目のことです。

それ以前は、中心静脈高カロリー栄養でした。


昨日、先生から言われました。


母の今の状態では治療法がないとの事です。


快方にむかっていると思っていたのですが…
言い方がわるいですが、自分が命の期限を告知されたのと同じ襲撃をうけました。
(実際は、母の命の期限を言われたのですが…)



今、母は穏やかに眠っています。


写真のとおり、ベッドサイドモニターも登場して、管理されています。

勿論、酸素吸入もされています。



キャロちゃんの時も、思いましたが、精一杯、母を見守ろうと思います。





関係ないけど、ブログペットが表示されなくなっているかと。
設定を替えようにも、パソコンに触る暇がないので…
時間の隙間をみて、設定をどうにかしようと思います。
それまでは、見苦しいしいけれどご勘弁を。



では、また。



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 1

-  2010, 12. 24 [Fri] 15:33

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?